ニュース

3月上旬、KIWAMI R&D GroupとKIWAMI IT Groupの参加者は、LPT医師とともに、PGR法による姿勢スクリーニングの「ブラインド」テストを開始する。PGR 法の開発は、運動能力の自己診断の自動化システムWAmetrの作成の一環として行われていた。

現在、PGR方式は、モバイル機器向けの情報分析アプリケーション「WAmetr:PerfectPosture」(ベータ版は2018年10月14日にリリース予定)に使用されている。

「ブラインド」テストの目的は、実験室の条件で得られた人体測定データは、特別なコンピュータプログラムによって非個人化・暗号化された後、分析のためにKIWAMI Groupの専門家へ転送される。

「ブラインド」テストを利用して、PGR法により高度の精度で姿勢の違反を識別できることを確認する必要があります。成功したテストの結果、 PGR 方法を情報分析プラットフォーム WAMETR で実装される自動化エクスプレス診断システムに使用するのを推奨できる。

テストに参加するものは、医学大学生、バイオメカニクス学科の学生、適応運動医学部の学生などのボランティア。

詳細については、 Panchenko Olgaにお問い合わせください。
e-mail: science@kiwami.org

© 2018 KIWAMI R&D GROUP